2015年10月1日木曜日

そうだっ! ダム に行こう! コンクリートアーチ式の矢木沢ダム

 
 
今回紹介するダムは 矢木沢ダム です。

なんといっても、アーチ式コンクリートダム!

かっこいいんですよ
かっこいいんですよ
かっこいいんですよ

大事な事なので3回言いました!笑


でも このダムが人気なのはそれだけではないんですよね。

タイトル画像 は フィルダムが ハート型になってますよね。
ハート型になるように写したって表現が適切かもですけど。
 

 
はいっ! どて@ です 笑
カメラ持って構えてるシルエットですけど・・・



ダム湖は 奥利根湖です。
 


 利根川水系8ダム って聞いた事がある人も中にはいるかもしれません。
利根川に建設されたダムの内、東京都を始めとする首都圏へ上水道を供給することを
目的としたダムの事です。


その中で最大級の規模を誇るのは矢木沢ダムであり、高さ131.0mで総貯水容量は利根川水系の全てのダムにおいて最大の2億430万トン なんですよ。

2015.09.10 
台風18号から変わった前線の影響による関東と東北の記録的豪雨では、
鬼怒川が氾濫しました。
もちろんダムとしての目的でもある、洪水調整はしてあります。
群馬県のダムも台風18号に合わせて、貯水量調整として放流してました。
矢木沢ダムも奈良俣ダムも放流したようです。
しかし、鬼怒川下流側で決壊してしまった。
それも、とある業者が土手を掘り下げていたらしいじゃないですか・・・汗

 鬼怒川は最終的には利根川に合流し千葉県まで流れます。
鬼怒川上流には4つのダムがあります。有名なのは川治ダム、川俣ダムですかね?

まぁ・・・いろいろとありますからね。

数年前に、長野県知事が脱ダム宣言したりもしましたが、
今回の豪雨でもしも上流側で下流を守る為に洪水調整してなかったら・・・
今回の被害はもっともっともっと
酷い事になったと思います。
 




目先の金なんでしょうね。
政治ってはっきり言って なんなんでしょう?







こんな感じで、下流を守ってるんですよ。

このゲートは ちょっと 普通のゲートとは違ってるんです。

まぁここではそんなにダムの構造には触れることはやめといて
 



 
 
ダム湖の奥利根湖 うん! 美しい。


そして!

何よりも アーチ式コンクリートダム
 
 


あれ?? 光が ダムを・・・

よし ならば
 


 
 
発電施設を!

下流の須田貝ダム湖を下池に利用した揚水発電を行っているんです。
ようするに、須田貝ダムの水を夜間の電力で吸い上げて発電って事です。

水力発電って皆さんはどう理解しているか分かりませんが。
都合のいいものなのです。

 火力発電所や原子力ってベースを保ちながら、いつも皆さんが使ってる電力には当然、
夏場とかピークに達する時があるのです。
そのピーク時に、瞬時に補わなければいけない電力を、水力発電にてカバーしているんです。
水力発電は、瞬時に発電可能って事でも利便性を重要視されているんです。
 

 
 
 
うんっ!
アーチ式って 美 だわ!
 


矢木沢ダムの 魅力 って これです!!!

年に一回かな?

ここから、放流します。
スキージャンプ式といって、放流する水の勢いを空中で分散するんですよね。

めっちゃ 豪快ですので一度は観たいところですが、なかなかその季節に
ここに訪れるのは厳しいもので・・・

4駆だったら可能かも。


 
 
まぁそんな訳で、今回は群馬の大きな大きなダム
利根川水系8ダムの中でも最上級の
矢木沢ダム を紹介しました。


最後まで閲覧ありがとうございました。


0 件のコメント:

コメントを投稿